手相を見て自分の婚期を調べてみよう

手相を見て自分の婚期を調べてみよう

手のひらには無数の線が入っているのは誰もが知っていることですし、その線を見てその人の運命などを読み取るのが手相だという事も周知の事実です。そんな手相で自分がいつ結婚できるか、つまり婚期を調べることができます

小指にの下に出来る小指線が結婚年齢を知るカギ

手相は基本的に左手を見ます。先ほども書いたように手のひらには無数の線が走っていますが、特に婚期に関係がある線は小指線と呼ばれる、小指の付け根から薬指に向かって現れるシワです。この小指線とその下にある感情線と呼ばれる線を使うとその人が大体何歳くらいで結婚することが出来るのかを調べることが出来ます。小指と感情線の間を二等分して、だいたい真ん中あたりを30歳としてください。丁度真ん中に小指線がある人はだいだい30歳くらいで婚期が訪れるというわけです。中間よりも下側、つまり環状線側にあれば婚期は早く、逆に小指に近いと晩婚になります。

水星丘がツヤツヤしてきたらチャンス到来

しかし、手相というのはずっと同じではなく、刻一刻と変化しています。大まかな結婚移管する時期を調べる線は上に書いた通り小指線なのですが、これ以外にも特に婚期が近づいてきた人に現れる線というのがあります。例えば、水星丘の血色がよくなってこの部分のツヤが出てきた場合は近いうちに結婚する可能性が高いといわれています。水星丘とは、小指の下にある丘のようなふくらみの事です。張りが出てふっくらと盛り上がってきたときはまさに絶頂期で、結婚運だけではなく金運もアップし、自分やその身の回りが幸せになることが出来る時期です。

薬指の白い斑点は恋愛、結婚運上昇のしるし

手相において重要なのは手のひらのシワだけではありません。手のひら全体に現れる模様全てに意味合いがあるとされています。その中でも実は指の爪に出来る模様に結婚に関する運気を測ることが出来るものがあるのです。爪に白い斑点が出来たときは近い時期に何か幸運が舞い降りてくるとされています。斑点が出来る指によってその意味合いが違うのですが、薬指は恋愛や結婚など、人とのコミュニケーションに大きく関係する指で、この指に白い斑点が出来ると近いうちに結婚のチャンスが現れるといわれています。付き合っている人が居るのであれば近いうちにポロポーズされるかもしれません。

まとめ

手相において婚期を見るのであれば小指の付け根に出来る小指線を見ましょう。小指の付け根と環状線の間のどこに出来るかによって大体の婚期が分かります。しかし、それ以外にも特に婚期が近づくと現れる変化があるので、見逃さないようにしましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手相鑑定士資格の資格取得を目指してみよう
パームリーディングアドバイザー資格の資格取得を目指そう
日本手相能力検定資格の資格取得を検討される方へ
手相の資格を取得したい方におすすめの基礎手相セラピスト資格
公認手相セラピスト資格講座で資格取得を検討される方
手相について学ぶために通信講座で資格を取得
手相鑑定の資格を取得した場合の就職先
手相の資格を取得する際の難易度について
人気の高い手相鑑定、鑑定士としての資格を取得する受験方法
手相の資格を取得して得るメリット
手相鑑定の資格を取得した場合の年収
手相の資格を目指すときの勉強方法とは
土星環のある手相はとても珍しい
手相を見ているのではなく女性の心を見ている
古代のインドにその歴史を持つ手相術
赤ちゃんの手相を見て、将来を占ってみよう
手相で頭脳線を見ればその人の才能が分かる
手相占いでまずチェックしたい生命線のポイントとは
手相にはどんな悪い線が存在するか
運勢を変える手相にはトライアングルがキーポイントです
手相から見るほくろの意味合いとは
こんな手相がある女性は男性で苦労しやすい
手相で見る、掌にある大三角とは
手相が重要なのは運命線で未来がわかるからです
手相でこの線が出たらモテ期到来かも
手相を見るのに右利きか左利きかは関係するのか
手相の仕事運を見て天職を知ろう