手相にはどんな悪い線が存在するか

手相にはどんな悪い線が存在するか

記事のイメージ画像

手相には、良い線もあれば悪い線もあります。良い線ばかりの人もいますがそれほど多くありません。それぞれのいいところも良くないところもあるでしょう。悪いところを知れば、その部分の備えをすることができるでしょう。

上から伸びている線でチェックしてみる

占いなどは、上手く利用することで人生に役立てることができます。何か悩みがあるとき、その原因どころがわかるかもしれません。その後の人生を変えられる可能性があります。一方、何気なくしてもらったときに良くないと言われて気にしすぎる人がいます。これはあまりよくない使い方になるでしょう。手相においては悪い線といわれるものがあります。上から伸びてくる線が少しずつ細くなっているようなら、あまりよくない変化の予兆とされています。どの線で現れるかはわかりませんが、それぞれの分野で、将来的に災難に見舞われる可能性があることを示しています。この時は、積極的な行動を抑えるようにします。

線が途切れ途切れになっているとき

線は、まっすぐつながっているものもあれば、一応は線だけども所々で切れているものなどがあります。手相を見るときはいろいろな線を見ていきますが、その時、まっすぐきれいにつながっているか、つながっていないかをチェックしてみましょう。将来的に良くないことが起きることを示唆する線とされています。かといって、生命線が切れているからすぐに死を意味するわけではありません。病気などになる可能性があることを意味しています。運命線は重要な線になりますが、切れていると大きな変化がある可能性が出てきます。何か起こるのではと気を付けながら生きることで問題を避けられる場合があります。

鎖状になっているときの問題を知る

人は手を使っていろいろな作業をします。その活動の仕方によって、手のしわの付き方も変わってきます。このしわの状態を見るのが手相になります。生命線であったり運命線などいろいろありますが、悪い線として知られているのが、鎖状につながっている部分がある状態です。何を意味するかですが、停滞している状況を示唆しています。いいことで停滞をするのは良いことですが、この時に出るのは、悪い状態が停滞していることでしょう。病気などをしていれば、まだ治るのに時間がかかることを意味します。過去にこの状態にあったのか、これから起こるのかによって、とる行動が変わってくるでしょう。

まとめ

手相を見ることで、今の状態、過去や将来のことがわかるかもしれません。悪い線があり、出ているかどうかを確認することで生活の意識を変えられます。悪い場合には慎重に生きるようにするなど、一定の対策ができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手相鑑定士資格の資格取得を目指してみよう
パームリーディングアドバイザー資格の資格取得を目指そう
日本手相能力検定資格の資格取得を検討される方へ
手相の資格を取得したい方におすすめの基礎手相セラピスト資格
公認手相セラピスト資格講座で資格取得を検討される方
手相について学ぶために通信講座で資格を取得
手相鑑定の資格を取得した場合の就職先
手相の資格を取得する際の難易度について
人気の高い手相鑑定、鑑定士としての資格を取得する受験方法
手相の資格を取得して得るメリット
手相鑑定の資格を取得した場合の年収
手相の資格を目指すときの勉強方法とは
土星環のある手相はとても珍しい
手相を見ているのではなく女性の心を見ている
古代のインドにその歴史を持つ手相術
赤ちゃんの手相を見て、将来を占ってみよう
手相で頭脳線を見ればその人の才能が分かる
手相占いでまずチェックしたい生命線のポイントとは
運勢を変える手相にはトライアングルがキーポイントです
手相から見るほくろの意味合いとは
こんな手相がある女性は男性で苦労しやすい
手相で見る、掌にある大三角とは
手相が重要なのは運命線で未来がわかるからです
手相でこの線が出たらモテ期到来かも
手相を見て自分の婚期を調べてみよう
手相を見るのに右利きか左利きかは関係するのか
手相の仕事運を見て天職を知ろう