手相占いでまずチェックしたい生命線のポイントとは

手相占いでまずチェックしたい生命線のポイントとは

占いはあくまでも「目安」と言いながらも、自分の運命や運勢がつい気になってしまう方はいませんか。古くから伝わる手相占いは、コツさえ覚えれば自分自身でチェックすることも可能です。知っておきたいポイントについて紹介します。

まずは頭に入れておこう、生命線とはどれなのか

自分の手のひらを見ると、そこには無数の線が走っています。この一つ一つを運勢と結び付け、読み解いていくのが手相占いです。誰にでも手相はありますが、その意味を知っている人はそれほど多くはありません。占いをする際に重要視される線の一つが生命線ですが、いったいどの線が、この生命線にあたるのでしょうか。生命線は、親指と人差し指の間からスタートして、手首の方へと緩やかなカーブを描いている線のことを指します。生命にかかわる問題を予告したり、今後の流れについて教えてくれていると言われていますから、まずは注目してみてください。

まずは長さに注目してみてください

自分の手の平に生命線を見つけたら、まずはその長さに注目してみましょう。緩やかなカーブを描きながら、長く美しく親指の付け根まで続いているような場合、その人はバイタリティーにあふれた人だと考えられています。生命力に満ちあふれている状態で、どんなことにも活き活きと挑戦することが可能です。ちょっとした病気ぐらいなら、自分自身の力で跳ね返すことが可能です。反対にこの線が短い場合には、穏やかでゆったりとした性格をしていることが多いと言われています。必ずしも短命というわけではないので、どうか安心してください。

途中で枝分かれしている場合には

自身の手相をじっと見ていると、生命線が進むにつれて、枝分かれをしていることに気付くケースもあるものです。枝分かれの仕方によって、示されている心身の状態は違ってきます。途中で多数の細かな枝分かれをしている場合、それが上向き方向であれば、気持ちが前向きになっている証拠です。チャレンジ精神や好奇心が旺盛になっているので、新しいことを始めるのに向いているでしょう。反対に下向き方向に何本も枝分かれしているときには、心が疲れていることが考えられます。何か不安なことを抱えている場合には、誰かに話したりストレスを解消したりすることで、自分自身ときちんと向き合うことをお勧めします。

まとめ

手相占いはあくまでも占いで、確実な結果が見えているわけではありません。しかしほんの少しの知識でも頭に入れておくことで、周囲の人の状態を察したり、少し特技として披露したりできる場面も増えるでしょう。趣味を広げるためにも、通信講座などで少し勉強してみるのもお勧めです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手相鑑定士資格の資格取得を目指してみよう
パームリーディングアドバイザー資格の資格取得を目指そう
日本手相能力検定資格の資格取得を検討される方へ
手相の資格を取得したい方におすすめの基礎手相セラピスト資格
公認手相セラピスト資格講座で資格取得を検討される方
手相について学ぶために通信講座で資格を取得
手相鑑定の資格を取得した場合の就職先
手相の資格を取得する際の難易度について
人気の高い手相鑑定、鑑定士としての資格を取得する受験方法
手相の資格を取得して得るメリット
手相鑑定の資格を取得した場合の年収
手相の資格を目指すときの勉強方法とは
土星環のある手相はとても珍しい
手相を見ているのではなく女性の心を見ている
古代のインドにその歴史を持つ手相術
赤ちゃんの手相を見て、将来を占ってみよう
手相で頭脳線を見ればその人の才能が分かる
手相にはどんな悪い線が存在するか
運勢を変える手相にはトライアングルがキーポイントです
手相から見るほくろの意味合いとは
こんな手相がある女性は男性で苦労しやすい
手相で見る、掌にある大三角とは
手相が重要なのは運命線で未来がわかるからです
手相でこの線が出たらモテ期到来かも
手相を見て自分の婚期を調べてみよう
手相を見るのに右利きか左利きかは関係するのか
手相の仕事運を見て天職を知ろう