赤ちゃんの手相を見て、将来を占ってみよう

赤ちゃんの手相を見て、将来を占ってみよう

手相というと、大人が見てもらうものと思いがちですが、そのようなことはありません。生まれたばかりの赤ちゃんだって、手のひらにはちゃんとシワがあるので、立派に手相を見てもらうことが出来るのです。赤ちゃんの手相について詳しく見ていきましょう。

子供の手相は刻一刻と変化します

赤ちゃんの性格はとっても純粋です、いうまでもなく嘘をついたりして人をだますようなことは一切ありません。手相にも同じことが言えます。余計な線が全く生えていないので、その子の性格や将来などがそのまま表れます。そういった意味でも小さいときに手相を見るという事はその子の将来を占うという事に関してはとても有効なのです。ここで一つ頭に入れておいてほしいことがあります。中には手相を見てあまり良くない線や将来何かトラブルを予感させる線が現れている場合もあるでしょう。しかし、深刻に考える必要はありません。手相というのは年を重ねるごとに目まぐるしく変化するからです。

運命線と頭脳線を見てみましょう

では、まずは運命線を見てみましょう。運命線というのは手のひらの中央、中指の下から手首に向かって真っすぐに伸びている線です。この線によってその子がどういった人生をたどる子かを占うことが出来ます。手相の場合、線というのはくっきり出ていれば出ているほどその効果が高いとされているので、この運命線も濃ければ濃いほど良いとされています。次に頭脳線を見てみましょう。知能線と呼ばれ鵜場合もあるこの線がどこにあるのかというと、親指の少し上あたりから手のひらを横切っている線です。この線を見ると、その子に対してどのように叱ればよいのかが分かります。

升かけ線がある子供について懸念されること

左手の感情線と頭脳線がつながって、一直線になっている線の事をますかけ線といいます。この線がある人はどんなこんなにも負けずに自分のやりたいことをやり遂げる信念が強くて忍耐強い人で、人を引っ張っていくカリスマ性も持ち合わせており、将来は人の上に立つような人物になる可能性がある、とても良い手相なのですが、一つ懸念される事態があります。実はこのますかけ線、特に両手にますかけ線が出ている赤ちゃんはダウン症の疑いがあるという事が言われているのです。しかし、これに関しては根拠が全くないので心配することはありません。

まとめ

赤ちゃんの手には余計な線がほとんどないので、その子の性格や将来をとても占いやすいです。子育ての際に参考になる線は頭脳線です。この線の長さを見ることでその子の性格がわかり、叱る際にどのようなしかり方をすればよいかが分かります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手相鑑定士資格の資格取得を目指してみよう
パームリーディングアドバイザー資格の資格取得を目指そう
日本手相能力検定資格の資格取得を検討される方へ
手相の資格を取得したい方におすすめの基礎手相セラピスト資格
公認手相セラピスト資格講座で資格取得を検討される方
手相について学ぶために通信講座で資格を取得
手相鑑定の資格を取得した場合の就職先
手相の資格を取得する際の難易度について
人気の高い手相鑑定、鑑定士としての資格を取得する受験方法
手相の資格を取得して得るメリット
手相鑑定の資格を取得した場合の年収
手相の資格を目指すときの勉強方法とは
土星環のある手相はとても珍しい
手相を見ているのではなく女性の心を見ている
古代のインドにその歴史を持つ手相術
手相で頭脳線を見ればその人の才能が分かる
手相占いでまずチェックしたい生命線のポイントとは
手相にはどんな悪い線が存在するか
運勢を変える手相にはトライアングルがキーポイントです
手相から見るほくろの意味合いとは
こんな手相がある女性は男性で苦労しやすい
手相で見る、掌にある大三角とは
手相が重要なのは運命線で未来がわかるからです
手相でこの線が出たらモテ期到来かも
手相を見て自分の婚期を調べてみよう
手相を見るのに右利きか左利きかは関係するのか
手相の仕事運を見て天職を知ろう