古代のインドにその歴史を持つ手相術

古代のインドにその歴史を持つ手相術

占いというのは何かものに現れる印を見て吉凶などの判断を行うというもので、昔から人々の心に寄り添ってきました。古い時代には政治の判断等に利用されることもありましたが、最近はそのほとんどが個人的な悩みの解決に活用されているようです。

古くから人々の間で人気があった占い

占いには様々な種類があり、その歴史やルーツというのは非常に古いものもあります。道具を用いたものもありますが、占い師の霊感を用いるようなタイプもあり、複数のもので占うということもあるようです。そんな中で最もよく知られているのは手相術かもしれません。この占いのルーツは4、5千年ほど前のインドにあると言われています。その頃のインドには、人の手や足の紋から運勢などを占うという占いがあったそうです。それが時代とともに西洋にもたらされ、そこで文化や科学の影響を受けて発展していきました。ギリシャ、ローマ時代にはすでに多くの人に認知されていたと伝えられています。

昔から人々の関心が高かった占い

手相術には西洋のものと東洋のものとがあり、西洋手相術は占星術の影響を受けて発達してきました。手のひらの各部位や線などを星と結びつけることによって体系が形作られていったそうです。その頃の人々の関心は非常に高く、出版された本なども人気だったと言われています。また、西洋に手相術が浸透したのはロマ民族の人々の手相占いも関係していると考えられています。ロマの女性にとって、占いはひとつの仕事のひとつだったという歴史が背景としてあるようです。その後、20世紀には医学や心理学の発展がありましたが、その研究なども反映されているそうです。

東洋のものと西洋のものがある占い

日本においては、明治時代に入るまで中国で発展してきた東洋手相術が主流となっていました。しかし、その頃欧米で出版された本などの影響によって、西洋のものも浸透していったという歴史があります。現在の日本では、伝統的な東洋のものと同時に西洋のものが同時に利用されています。手相は一般に手のひらのシワのみを見るものだと考えられているかもしれません。しかし、手の形や手のしぐさなど、手に現れるすべての特徴が判断の要素だとされています。最近は、科学的な視点なども手相術に取り入れられているようです。そのため、昔に比べて様々な要素から占いが行われています。

まとめ

古い歴史を持つ手相術ですが、近年は脳の働きと結びつけて考えられるようにもなっており、その考え方が判断に活かされているようです。昔から手相は開運に活かすことができると言われているので、1度占ってもらうのも良いでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

手相鑑定士資格の資格取得を目指してみよう
パームリーディングアドバイザー資格の資格取得を目指そう
日本手相能力検定資格の資格取得を検討される方へ
手相の資格を取得したい方におすすめの基礎手相セラピスト資格
公認手相セラピスト資格講座で資格取得を検討される方
手相について学ぶために通信講座で資格を取得
手相鑑定の資格を取得した場合の就職先
手相の資格を取得する際の難易度について
人気の高い手相鑑定、鑑定士としての資格を取得する受験方法
手相の資格を取得して得るメリット
手相鑑定の資格を取得した場合の年収
手相の資格を目指すときの勉強方法とは
土星環のある手相はとても珍しい
手相を見ているのではなく女性の心を見ている
赤ちゃんの手相を見て、将来を占ってみよう
手相で頭脳線を見ればその人の才能が分かる
手相占いでまずチェックしたい生命線のポイントとは
手相にはどんな悪い線が存在するか
運勢を変える手相にはトライアングルがキーポイントです
手相から見るほくろの意味合いとは
こんな手相がある女性は男性で苦労しやすい
手相で見る、掌にある大三角とは
手相が重要なのは運命線で未来がわかるからです
手相でこの線が出たらモテ期到来かも
手相を見て自分の婚期を調べてみよう
手相を見るのに右利きか左利きかは関係するのか
手相の仕事運を見て天職を知ろう